empathy+
カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

ふじさき怜

Author:ふじさき怜

本家サイトempathy

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

RSSフィード

QRコード

QRコード

リンク

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2DX GOLD
ぎっくり腰とかでしばらくアレでしたが生きてます。


んで、新作やってきた!
まず、噂されてるDDまでの筐体と金からの新新筐体の判定差異。

範囲は当然変わらないんだけど
押したときのレスポンスが新新は非情に素直
CSに近いという感想がやはり最も適切かな。

一番分かりやすいのは玄武とかやれば分かるかな
低速独特の妙な間が完全になくなった感じ。

この環境差はランカーレベルの人は萎えるかもしれん。
毎回稼動後におかしなトラブルが出るのは
開発レベルじゃどうにもならないんだろうか……
特に今回は大人の事情がすごい匂う。

とりあえずHigh School Love(灰)で埼玉県1位取れたwww
hi


どうせすぐ抜かれるだろうけど。

スポンサーサイト
エロ(略 続き。
明日と言いつつ明後日なのはご愛嬌。
長文はエネルギー使うのでかったるいのさ!



(前回までのあらすじ)
待ち合わせの間遊んでたゲーセンに現れた妖精さんは
なんとKONAMIの中の人っぽかった!



続き



椅子の選定も数時間ほどで済み、秋葉原へ移動。
飯食って適当にぶらついた後、本屋へ。

アルカディアの新しいのが置いてあったので
2DX次回作の情報を見るためペラペラめくる
「今回はページ数多いなぁ、いつもは4Pくらいなのに」
と思っていると





……あれ

手が止まる。

……あれ??????

kage



さっきのメンテナンスガイがいるーーーーーー!!!!!


間違いない、髪型から眼鏡の感じまでそっくり。
そこはかとなくやさしげな目元もしっかり覚えてる!

ありえない!ありえないよ!アリエンワールド!
俺、てっきり末端の人だと思ってたよ!
プロデューサーが筐体の裏でネジ締めてるとはおもわねーよ!!

プログラマーってのは勘が当たってたけど、
まさかこんな弐寺の創世記から居る人が
ネジ締めてるとはおもわねーよ!!!!!!!

まさかKAGE氏(だよね?)が
新宿のゲーセンでネジ締めてるとはおもわねーよ!!!!


GOLDのDP段位の難易度について氏と少し話しましたが
ということはかなりの信憑性で***が**ってことになってるのか!
いやまぁRED ZONEでドボンする私にゃ関係ない話ですが。




思いかげなく弐寺の中の偉い人に会ってしまったというのも
勿論嬉しいんですが、本題はそこではないのです。

自分がプレイしてる間、
KAGE氏は後ろでずっとニコニコしてたんですね。
よもや製作者とは思いませんから、陽気な人だな と
違和感を感じつつも、そのときはそう思っていたんです。

でも創った人と知ってあの笑顔を思い出すと
なんかこう、すごいクるわけです。
畑は違えど、自分もゲームと名の付く物に関わっています
無論、関わった作品が店頭に並べば見に行きますし
それに関して生の良い反応があれば嬉しい物です。



KAGE氏の立場にたって考えてみよう。

俺の弐寺スペックをあげてみましょう

プレイサイド_2P側
DJポイント SP_6500 DP_3500(だいたい
段位 SP_十段 DP_六段

2DXをやる人はピンと来るのですが、2P側の人は
その大部分が音ゲー黎明期の5鍵盤型からやっている人です。
つまり、長めに考えれば確実に
5年以上このゲームをやっているわけです。

つまり、分かる人から見れば 俺は
「長年音ゲーをやっていて、しかも今現在もやりこんでいる人」
なわけです。

しかも新作稼動を1ヶ月切ったこの時期にゲームセンターでやっている人は
あまり居ません、わりかしどこもガラガラだったりします。

創った人から見れば偶々赴いた店頭でこんなロートルが
DPN玄武を完走直前でハード落ちして、
小声で「くっそーーーぅ……」とか言ってりゃ
そりゃ嬉しいですよね。

間違いなくあの笑顔はゲームを創った親の顔です。
あの時感じた些細な違和感は、
自分がいつか手に入れたいと思っていた物そのものだったんです。

もう嬉しいやら悔しいやら。

憧れを体現している人間が真後ろに居たんです。
しかもパニくるあまりお礼の一言も言えずじまい。


趣味を仕事にするなとはよく言ったもので、
色々とイヤになる事が多いもんです、後悔はしてませんが。
KONAMIの中の人たちも色々あるでしょう、そりゃもうアレコレと
それでもやり続けて結果を残してくれる人は沢山居ます、
俺もそうでありたいと願っています。

長年音ゲーを創ってきた人が
長年音ゲーを遊んできた人間とほんの少しすれ違っただけです。

同じ空間に居た時間は30分も無かったでしょう
それでも暗転したモニター越しに見えたあの笑顔が頭から離れない。

きっとあれは俺が一生をかけてでも手に入れたい祝福
いつか届きたいと願っている特等席。
くそう!タシーロしながらニヤニヤしやがって!
羨ましすぎるよこんちくしょう!


最近の自分の身の回りではあまりいいニュースがないのですが、
思わぬところで極上の勇気をもらう事になるとは、
まったく事実は小説より奇ナリィとは良く言ったもんでござんす。

この場を借りてKAGE氏にありがとうございます を
爆音で会話が聞き取り辛かった上にパニクって
満足に話せないまま終わってごめんなさい。
そしてビートマニアに関わってきた人にありがとうを。
俺もエロゲ創ってて嫌になる事が多いけど、
私は貴方たちの生んだ物を爪が割れるくらい楽しんでます。



あぁくゃしぃ。



拍手返信は↓(以下略
[READ MORE...]
エロゲ製作者と音ゲ製作者の奇妙な邂逅
寝る前に言っておくッ!
おれは運命ってやつのスタンドをほんのちょっぴりだが体験した
い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『すげぇ人に遭遇してお話しちまった』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何がなんだかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

BADハマりだとかラス殺しだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…




今日は新宿まで椅子を試座しに行くつもりだった
もう10年近くも使っている椅子をいい加減買い換えたかったからさ
そりゃもう、奮発して10万クラスのいいヤツを買うつもりだったさ!
入念に下調べして、一人じゃ何なので暇そうなアンチクショウを引き連れて
レッツ大塚家具ってな具合だったのさ!


とりあえず新宿に着いて待ち合わせ場所に指定してたゲーセンに向かう
新筐体100円、DPジョイント設定と都心にしてはいい環境。
アンチクショウからメールが届く
「腹痛で死にそう」
仕方ない、俺はモリモリダブルプレイでもやって
彼のアナル様のお怒りが静まるのを待つか とLv6ハード埋め開始。


2、3回プレイしたところで背後に人の気配。
ちょっと技術系のサラリーマンといった出で立ちの男性。
とりあえず筐体から離れて様子をうかがうと声をかけられた。
どうやら筐体の裏あたりをドライバーでゴリゴリしたいらしい。


「どうぞどうぞ、
  貴方はゲーム筐体の精霊。メンテナンスガイだったのですね」
と 一人納得して自販機で水を買い隣のDDRに腰掛け一服モード
そこにアンチクショウ登場、見事アナル様に勝利したらしい。
見事にナナメに移動した筐体を見て「どしたよこれ」と目で訴えてくる
「なんかメンテナンスしてるみたい」
と俺が答えた。


すると筐体の裏から精霊の声が「すいません、すぐ終わります」
なになに、ゲームの精霊さんならメンテナンスは大事なお仕事
せかす事もなく我々はクリスタルガイザーをグビグビやりつつ
DSシレンをやったりしながら待つのでした。

程なくドライバーをゴリゴリし終わったらしいメンテナンスガイが
いそいそと筐体を元の位置に戻す。

程なくわたくしめはDPモリモリを再開いたしたのです。
最近始めたDPの楽しさをアンチクショウに布教すべく
4曲オツなやつをプレイする、精霊さんは仕事を終えたのに
その場を去らずに後ろで笑顔でにこにこ。
2DXは意外と興味を示す普通の人も多いので、
その人もそういうパターンかなと、勝手に心の中で認定。

プレイし終えると精霊さんが語りかけてくる
「上手ですねー」
いえ、まぁ最早10段底辺の私など上級者と言えないくらい平均レベルが
アッヒャーなことになってるこのゲームで胸を張れるはずもなく
ぐんにょりした礼を述べる小市民ふじさき。


「実は私このゲームの製作者なんですよ」


おいおいw爆音でよく聞こえなかったですよwww



(脳内ECHO5)
「―このゲームの製作者なんですよなんですよなんですよ よ ょ」



ΩΩΩ<な、なんだってーーー!


はっはっは待て待て、この人はメンテナンスガイじゃないか
もしかしたら筐体を作ってるほうの製作者かもしれないじゃないか
なんかドライバーでゴリゴリしてたし。

二言三言、言葉を交わす。
…………………あれ マジでKONAMIの中の人……っぽい?
俺の職種センサーが(そういえばこの人プログラマっぽい雰囲気じゃね?)
 と、データー解析。

俺が「もうすぐDP七段いけそうなんですよ」と言うと

「7段までは割とスンナリいけるように作ってます
8段以上は本格的にやる人向けですねー」




…………うわまじですたっふじゃないかこの御仁

と、まぁ突然の予期せぬ展開にパニクくっているうちに
次回作GOLDはどうたらこうたらを、ほんの少しだけ会話した後
そそくさと帰られてしまったのです。


――ここまでだったら、ただの珍しい話なんですが。

(明日へ続く)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。